医師のご紹介

院長

院長写真院長写真

医療法人社団 凛菫会 浮間舟渡ありこ眼科

院長 宮澤 有里子 Ariko Miyazawa

医学博士/
日本眼科学会 眼科専門医/日本硝子体学会 PDT(光力学療法)認定医

院長 宮澤 有里子
Ariko Miyazawa

医学博士
日本眼科学会 眼科専門医
日本硝子体学会 PDT(光力学療法)認定医

ごあいさつ

「百聞は一見に如かず」などに始まり、見えることに関する慣用表現は昔から多く使われています。人は目で見ることから多くの情報や感動を得ることができます。この大切な感覚が病気で損なわれてしまったら、どれ程悲しい状況になるか測り知れません。しかし早期に病気を発見し、適した治療を行うことにより視力の低下を防げることは多いのです。
 これまでに大学病院等で培った最先端の知見を元にした治療方針と、最新の機器を用いた豊富なデータを活用して、一人一人の患者さんと向き合いながら心の通う医療をしていきたいとの思いで浮間舟渡の地に開業させていただきました。病気に関しては、どんな小さな不安でも抱えていると大きくなってしまいます。気軽にご相談頂ける町の眼医者さんとして皆様に利用していただけましたら幸いです。

略歴

2000年
・東京女子医科大学医学部卒業 医師免許取得
・東京医科歯科大学附属病院に研修医として勤務

2001年
取手協同病院勤務
地域密着の病院で幅広い眼科分野の疾患に対する治療に携わる

2003年
東京医科歯科大学附属病院勤務・同大学大学院入学
大学病院での重篤な眼の病気の診察をする傍ら、ヒト網膜細胞の遺伝子操作によって様々な病態に対する遺伝子の働きを研究、海外も含めた学会・論文で発表

2007年
・東京医科歯科大学大学院博士課程卒業 医学博士号取得
・同大学附属病院退職
・東京都保健医療公社多摩南部地域病院勤務
白内障、まぶた、糖尿病網膜症などの病気に対する様々な手術を施行
・第一子出産

2011年
日産厚生会多摩川病院勤務

2013年 1月
浮間舟渡ありこ眼科 開院


所属学会

日本眼科学会・日本網膜硝子体学会・日本眼光学学会

執筆書

『近視 基礎と臨床』金原出版 (共同執筆)