オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは?

就寝中に専用の特殊なコンタクトレンズを装用することで、近視などの角膜の屈折異常を手術せずに矯正する治療法です。

オルソKレンズのイメージイラスト

内側に特殊なカーブをもつコンタクトレンズを、夜寝ている間の6~7時間装用することで、角膜の形状が矯正されます。日中活動時の裸眼視力の向上を目的としています。

 

オルソケラトロジーの原理

レンズ装着~つける~はずすオルソケラトロジー装着前・つけた時・はずした時

処方するレンズは、有効性、安全性が認められ、厚生労働省から認可されたレンズを使用しています。


メリット

  • 日中は眼鏡やコンタクトレンズを使用せずに裸眼で生活できるようになります。
  • 夜間6~7時間の装用のため、日中用のコンタクトレンズよりも眼への負担が軽くなります。
  • 国内の研究で、子供の近視の抑制効果が報告されています。

デメリット

  • レンズの使用を中止すると、少しずつ角膜の状態が戻り、見え方も元に戻ります。
  • 近視や乱視の強い方は効果が出にくい場合があります。

注意点

  • 視力安定後も定期的な検診が必要です。
  • レンズの耐久性は、度数の安定している方で3~5年程ですが、適切な使用・管理が必要です。
  • 以下に当てはまるような場合はお勧めできないことがあります。ご相談ください。
  • アレルギーによる目のかゆみがある方
  • 一日の中で車あるいはバイクの運転時間が長い方
  • 老眼を強く感じている方


費用について

  • オルソケラトロジーは保険適用外となり、自由診療です。
  • オルソケラトロジーの治療にかかる費用は医療費控除の対象です。

スタート費用

片眼 両眼
3万円 4万円
片眼 3万円
両眼 4万円
  • スタート費用には、レンズ預り金・初期ケア用品費用・定期検査費用も含まれます。
  • 初回~次回1週間後の来院までは、お試し期間となります。
  • オルソケラトロジーを中止される場合、お試し費用としての1万円を除きご返金します。
  • 1週間を越えてのお試し期間をご希望の際は、最長1か月まで可能です。その際のお試し費用は2万円となります。
  • お試し期間中にレンズを破損・紛失してしまった場合、レンズ預り金として頂いている費用は返金できない場合がございます。予めご了承ください。

オルソケラトロジーレンズ購入費

片眼 3万円
両眼 8万円
片眼 両眼
3万円 8万円
  • お試し期間後のレンズ購入費用となります。さらに3か月までの定期検診費用も含まれます。
  • 3か月間はレンズの度数の変更が一度のみ可能です。
  • 6か月以内の破損交換も可能です。

初めの1週間ガイド

オルソケラトロジー開始後は、毎晩レンズを装用することで、約1週間ほどで一日の視力が安定するようになります。(個人差があります)

開始日

〔開始日〕

夜寝る前に装用します

装用に慣れるまで、眼の中がゴロゴロするような違和感がある場合があります。翌日頃から次第に慣れてきます。

 

2~3日目

〔2~3日目〕

朝は視力の回復を感じやすいです

朝は視力回復を実感できても、午後には効果が薄れることがあります。必要に応じて度の弱い眼鏡やコンタクトを併用しましょう。


ハロ・グレア現象

〔4~5日目〕

ハロ・グレア現象が起こる場合があります

夜間に見る光がぶれたりまぶしく感じることがあります(ハロ・グレア現象)。徐々に慣れて感じにくくなりますが、気になる場合は車の運転等は控えるようにして下さい。


6~7日目

〔6~7日目〕

夕方まで視力が安定します

一日を通して視力が徐々に安定してきます。


日中の裸眼生活定期検診を忘れずに!

合併症等の早期発見のためにも、定期検査は忘れずに受診してください。見え方が急に変化したり、異常を感じた場合はすぐにご相談ください。